1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫ウォーターサーバーの温度調整

ウォーターサーバーの温度調整

ウォーターサーバーは冷水と温水が同時に使用できるのが特徴ですね。

サーバーの種類や特徴は各メーカーの危機によって異なりますが、一般的に冷水の温度は5℃から10℃、温水は75℃から85℃くらいが平均です。

使い道によっては温度調整ができると便利なのですが、すべてのサーバーにその機能が設定されていないので、難しいです。

たとえば赤ちゃんのミルクなどは70℃で溶かすこと、と説明書きにあります。

そのため、赤ちゃんが飲んでも安全な水を利用していても、ミルクを作る時には、わざわざ専用機器を購入して作っている人も少なくありません。

温水を少し冷ますという方法もありますが、温度調整ができるサーバーを利用すると便利です。

サントリーのウォーターサーバーは4段階温度設定機能付き

サントリー天然水のウォーターサーバーには温水は通常モードと弱音モードの2段階、冷水も通常モードと弱冷モードの2段階の温度設定ができる機能が搭載されています。

冷水の通常モードは4℃から9℃に設定されているので、冷たい飲み物を作るのに適しています。

弱冷モードは12℃から15℃なので常温に近く、薬を飲んだりするのに適しています。温水の通常モードは85℃から92℃と高温です。

カップラーメンやスープ、インスタントの味噌汁がいつでも手軽に作れます。

弱音モードは70℃から75℃で、アツアツではありませんが、ぬるいというほどでもないという温度で、赤ちゃんのミルクづくりに最適な温度です。

また、煎茶や玉露などをおいしく入れるのにも最適です。

用途によって使い分けができると幅広い用途に利用できますよ。

フレシャスはエコモードが付いている

フレシャスがレンタルをしているサーバーのうち、デュオとサイフォンスリムにはエコモードが付いています。

冷水の温度設定はできませんが、温水はエコモードを使用すれば、低い温度が使用できます。

デュオの場合、冷水は4℃から10℃、温水は80℃から90℃です。サイフォンスリムの場合、冷水は3.5℃から8℃、温水は通常モードでは80℃から90℃、エコモードだと60℃から70℃です。

通常モードの温水はかなり高温なので、コーヒー、紅茶だけでなくインスタント食品には適した温度です。

エコモードにすると65℃から75℃の温水が利用できます。熱湯と比較するとぬるいですが、お茶や赤ちゃんのミルクづくりには十分な温度ですよ。

エコモードがない機器も多数

ウォーターサーバーは1ヵ月の電気代が気になります。

一般に電気ポットの使用量と同等程度と言われていますので、使用した結果では、平均的な額で月1000円程度でした。

使用用途だけでなく、家計の面も考えるとエコモードの機能がついていれば多少は安く抑えられて、宅配水生活をエンジョイできます。

シェアをお願いします。